2017年10月15日

wi-fiルーター 繋ぎ方


wi-fiルーターの繋ぎ方について紹介します。

wi-fiルーターの繋ぎ方には大きく2つの方法があり、一つは自動で接続する方法、もう一つはマニュアルで接続する方法です。

最近ではこの自動設定が主流になってきているので、今回はこの自動設定について解説をさせていただきます。

手動での接続方法は後日別記事で書きます。




さて、自動接続には主に3つの機能があります。


WPS
AOSS
らくらく無線スタート


それぞれを説明をしていきますが、以下の用語の意味にご注意ください。

親機・・・無線ルーター
子機・・・パソコンやiPhoneなどのスマホ、iPadなどの機器


▼WPS

WPSは「wifiアライアンス」というwifiの団体の規格で、どの無線ルーターにも搭載されている機能です。

・プッシュボタン式

無線LAN親機のWPSボタンを押すと、自動で暗号化キー(パスワード)をパソコンやスマホなどの子機に送信します。

・PINコード式

子機と親機でそれぞれPINコードを入力して、パスワード等を子機に送ります。

▼AOSS

AOSSはバッファロー固有の規格で、親機と子機のボタンを押せば自動で暗号化キーなどの情報が子機に飛びます。

具体的な設定方法は以下に紹介してありました。

無線親機にAOSSで接続する方法

手順1~4を押すと具体的な方法の解説が出てきます。

パソコン接続の場合はソフトが必要になるのですが、上記リンクをご参考ください。

▼らくらく無線スタート


NECプラットフォームズが開発した自動接続規格で、Atermの無線ルーターシリーズでは定番になっています。

パソコン接続に関してはソフトウェアが必要になるので、以下リンクをご参考ください。

らくらく無線スタートEXの使い方


以上、wi-fiルーターの自動での繋ぎ方についてでした。
posted by けんいち at 13:38| Comment(0) | wi-fiルーター 繋ぎ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

wi-fiルーター モバイル


モバイルのwi-fiルーターはどれを選ぶと良いのでしょうか。

まず、モバイルタイプのwi-fiルーターには大きく2つの通信形式があります。


・LTE系
・wimax系

この両者は大きくメリットデメリットが異なるので、今回はまずはここから見ていきましょう。

▼LTE系

〇主なプロバイダ
・Yahoo! Wi-Fi(月額約2,950円、110Mbps、7GB制限)
・Broad LTE(月額約3,540円、187Mbps、無制限)
・VOYAGE LTE(月額約3,670円、110Mbps、7GB制限)

メリット
・電波のエリアがキャリアの携帯並み
・障害物を貫通するので阻害されにくい

デメリット
・通信がwimaxよりも遅い
・7GB制限があるところが多い
・キャッシュバックなどのキャンペーンがそこまで充実していない




▼wimax系

〇主なプロバイダ
・Broadwimax(月額約3,540円、440bps、無制限)
・GMOとくとくBB(月額約3,000円、440bps、無制限)
・Biglobe(月額約3,360円、440bps、無制限)

メリット

・電波が強く速度が速い
・無制限プランがあり好きなだけ使える
・各社キャンペーンが充実


デメリット

・エリアはLTEより狭い
・障害物に弱い


多きくはこのような違いになりますね。

wimaxのほうが電波が強く、動画などを見る方にはこちらをおすすめしますが、障害物に弱い電波になります。

そのため、壁に囲まれた部屋や高いビルに囲まれた場所、地下などでは電波が弱くなることがありますが、できるだけ窓際などに行くことで電波は比較的拾いやすくなります。


以上、モバイルwi-fiルーターでwimax2+とLTE系の比較でした。
posted by けんいち at 09:06| Comment(0) | wi-fiルーター モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

wi-fiルーター 繋がらない


wi-fiルーターが繋がらない時が時々あります。

私が使っている中でも、一週間に一回ぐらいは何かしらの不調がありますね。

でも以下の方法で解決ができると思うので、試してみてください。


・そもそもwi-fiルーターが犯人なのか?


そもそもwifiルーターが犯人なのかこの時点では分かりません。

もしかすると、スマホ側に問題があることもあり得ます。

見分ける方法としては、今繋がらない機器以外のPCやスマホなども繋がらないのかをチェックです。

もしもある機器が一台だけ繋がっていないのであればその機器が犯人になります。


また、モバイルのwi-fiルーターの場合、今いらっしゃるエリアがメンテナンス中ということもあるんです。

基地局は定期的にメンテをしてあげないといけないのですが、メンテ中はやはり繋がりません。

この確認はネットで検索するとすぐに出てきます。

・wi-fiルーターを再起動せよ!

やはりどの機器も繋がっていないのであれば、まずはwi-fiルーターを再起動します。

バッファローなどのホームルーターはコードを抜いて挿し直す、モバイルは電源ボタンがあるので押して電源を落として再びつけます。


これで直ることがほとんどですが、どうでしょうか?

まずは犯人をwi-fiルーターと決めつけないことが問題をシンプルにさせるので、そこからチェックしてみてください。


posted by けんいち at 21:02| Comment(0) | wi-fiルーター 繋がらない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする